--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピクミン3プレイ日記 第1編(激しいネタバレにならない程度に)

2013年07月15日 22:43

こんばんは、セピアです。

前日までどうしようかなぁと迷っていたのですが
いざ発売日当日になって、やっぱり買ってしまいました。



WiiUを持っていなかったのでちょいと二の足を踏んでしまいましたが、
ニコニコ動画の説明文等に載せている
YAHOOメールのアドレスもピクミンにしている身として、
これはやらないわけにはいかないだろう!
と勢いに任せて7月13日の昼間に購入しました。

まずWiiUのセッティングに1時間くらいかかる。焦。
これが次世代機を敬遠する大きな理由の1つなんですが、
でも不思議と時間を感じさせなかったですね。

ピクミン3はWiiリモコン・ヌンチャク・GamePadの3つを
フル活用する操作が推奨されているので、
Wiiリモコンのセッティングも忘れずに行い、

そしていよいよピクミン3をプレイ!

以下、3日間プレイしてみての感想です。



◆TV画面、GamePad同時使用でのプレイング

 まるで3DSの巨大版をやっているかのような感覚で、
 任天堂らしさがものすごくにじみ出ている素晴らしいシステムです。
 GamePadのマップ、最初は地形を把握しやすくするための
 お助けシステムくらいに感じてしまいますが、
 実はこれを活用することこそがピクミン3の肝であり醍醐味です。

 さらにこのシステム、今後いろいろ出てくるであろう
 最速クリアの類にとってもひじょ~~~に重要なものとなってきそうです。
 このあたりは、ある程度プレイした方ならお分かりいただけると思います。



◆探索範囲の広さと時間制限の存在

 前作ピクミン2のまどいの水源も相当広く感じましたが、
 今回の舞台はどれもさらに広くなっています。
 感覚的には、前作までの2~3倍くらいでしょうか。
 HD画質に対応し、よりきめ細やかになった自然物・人工物の描写もあいまって、
 まるで本当に主人公たちと冒険しているような感覚が味わえます。

 そしてゆるやかな時間制限が、冒険に適度な緊張感を与えてくれます。
 ある程度慣れてきて、もう余裕じゃんと思った頃に
 急転直下の展開でいきなりヤバくなる!
 そんなドラマも今回のピクミン3にはあります。



◆ピクミンが揃うまでに時間がかかる

 ピクミン2でも、最後の青ピクミンが仲間になるまで
 けっこうな時間が掛かりましたが、
 今回のピクミン3もやはり簡単には揃えさせてくれません。
 3色で冒険する期間がかなり長く、4色目はいつ仲間になるのだろうと
 不安になった方もきっと多いことでしょう。

 私もまだプレイ途中ですが、
 この1色ずつゆっくり揃っていくことや上記のゆるやかな時間制限などを鑑みると、
 今作はプレイヤーに1つずつじっくりとプレイしてもらいたいという
 制作者の想いが特に強く出ているなと思います。



◆過去作のファンを大事にしている

 ピクミン1の時の、あの「不気味な世界を手探りで模索していく」感じが
 今作では戻ってきたように感じます。
 私はあの感じがとても好きなので、嬉しい限りです。
 かといってピクミン2が持っていたゲーム的なダイナミックさが
 失われてしまったのかといえば、決してそうではなく。

 実はプレイしていてふと思ったときがあったんです。
 「この感じも嫌いじゃないけど、何か足りないんだよなー。
  ピクミン2の時、何が良かったんだろう?
  んんんんん……
  そうだ! あの戦闘シーンで敵の状態に合わせてBGMが切り替わる
  あのシンクロ感、あの手に汗握る感じ、あれだ!
  あれが今回のピクミンには無い……」

 とそんなことを思っていた瞬間です。

 出たんです、ヤツが。

 私の動画を御視聴いただいた皆さんならきっとわかるはずです。
 そう、ヤツが出たんです!

 しかも これぞ!という演出で。


 それを見た瞬間、
 ああ、今作も最後まで楽しめそうだな
 と、高揚感と安心感が同時に湧いてきました。



というわけで おすすめです。

皆さんも是非いっしょにやりましょう。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。